スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
禁句?
映画や海外ドラマを見ているとここぞとばかりに“fuck”を使った表現が出てきます。"What a fuck are you doing?!"なんてしょっちゅう。

他にも似たような言葉で damn,shit,hell,suck などいわゆるfour letters wordsっていうんでしょうか?よく出てきますよね。

これらは女性は特に使うべきではない禁句の部類に入るんでしょうけど、映画やドラマを見てると女性も使ってるんですよね。まぁ、相当exciteしたときですけど。nativeではない私には実際どれだけ酷い言葉なのか正直よくわかりません。でも映画やドラマを何度も見ているとどういう場面でどういう感情のときに使うかは自ずとわかってきます。

で、昨日こういった言葉をすっごく使いたくなるほどイヤな出来事があって、というか実際独り言ですけど自然と口から出ちゃいました(笑)Ladyとしては失格ですね(^_^;)
スポンサーサイト
【2005/10/31 00:41 】 | 英語全般 | コメント(0) | トラックバック(0)
17歳のカルテ
「17歳のカルテ」を観ました。最初の方は結構聞き取れるぞと思ったんですが全体を通すとそうでもなかった(汗)whisper talkは特に難しいですね。何言ってるんだかさっぱり(笑)

前から観てみたかったんですけどズルズルと観ないままでした。観てみると俳優人が結構豪華。名前までは知らないけど観たことあるなぁって俳優もいたし。共演がアンジェリーナ・ジョリーっていうのも観て初めて知りました(笑)今は黒髪ですけどこの映画ではブロンドなのでイメージ違いますねぇ。ウィノナ・ライダーもシザー・ハンズのときはブロンドでしたよね?この映画では黒髪です。ハリウッド女優はいいな~簡単に髪の色変えられて(笑)日本人がブロンドにしたって…ねぇ?

内容としては自殺未遂した主人公スザンナが両親に精神科の施設に入れられてしまい最初は出たくて仕方がなかったのですが、だんだんそこで友情が築かれていき自分を見つけていく…というような感じです。実話が元になってます。

邦題は「17歳のカルテ」ですが、オリジナルは「girl interrupted」。
邦題とオリジナルって何でこんなに違うんでしょうねぇ。だからオーストラリアでDVDを借りにいったときオリジナルのタイトルを見て「これってあれ?」って感じでしたよ(笑)ホームステイしていたときにホストファミリーと「Kate and Leopord」を観てすっごく気に入り、日本で探してみたら何と邦題が「ニューヨークの恋人」。ぜんぜん違うじゃん!(笑)おもしろいですよね~。あともう1つありましたよ。なんだっけなーあれ、思い出した!トム・クルーズの「ザ・エージェント」。これがオリジナルでは「ジェリー・マグワイア」です。私が映画をよく観るようになったのはオーストラリアに行ってからなんです。行く前はあんまり観なかったので、オーストラリアで観た映画を日本で探すときにちょっと苦労します。オリジナルと邦題が全然違うことがあるので(汗)

17歳のカルテ、英語字幕でもう一度観てみまーす♪





【2005/10/29 20:26 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
興味がある勉強法
映画やDVDを字幕ナシで観るようになって、観るのも苦痛じゃなくなって、英語力は確かに上がったんだろうと思います。しかし、いわゆる「ブレークスルー」ってやつを私は経験していません。そうです。あるとき急に英語が聞こえるようになるとか、そういうやつです。早く経験したいな~。

最近思うのは、やっぱり「聞きとれない」のは発音がわからないからなんだろうと。私は発音記号が読めません。どう発音するのかもわかりません。でも、もし発音記号が読めたら、見たことがない単語でも辞書で発音記号を見れば発音することができますよね。そうすれば聞いてもわかるようになる。というわけで、最近そういった学習法に興味があります。

UDA式とかフォニックスとか聞いたことありませんか?やってみたいですねー。最近スギーズ先生の発音法というのもネットで見つけて、これも興味あります。どなたかこの3つのうちどれか試したことがあったらぜひ感想を聞かせて下さい♪



【2005/10/28 22:18 】 | 英語教材 | コメント(0) | トラックバック(0)
最近の私の勉強法
正直私は最近勉強という勉強はしていません。ただ極力英語に触れるようにしています。しかも楽しくないと続かないから楽しくね♪で何をしているかと言うと…。

①海外ドラマ・映画をDVDで観る
私は今「フレンズ」にはまっていてほぼ毎日観ています。大体は字幕なしで観ています。聞き取れないこともしょっちゅうですけど、聞き取れて笑えることもあります。本当に教材として勉強するなら、一度目は字幕なしで、二度目は字幕ありで何て言っているのか確認して、三度目にまた字幕なしで見るのがイイと思います。でもなかなかそこまでできませんよね。レンタルしていると返却期限もあるからそう何度も見ていられません。私は余裕があるときだけ2回見て、2回目は字幕ありで意味を確認したりします。
私の場合、フレンズは勉強というより娯楽なので、つい先が気になってしまい終わるやいなや次のDVDに手が伸びてしまいます(笑)

②学習者用英字新聞を読む
私はJAPAN TIMESが出している学習者用英字新聞の「週刊ST」を愛読しています。「辞書をひかなくても読める英字新聞」なので、難しい単語や表現の意味が新聞の端に載ってるんですね。最初は意味を見ないで読み、2回目は意味を確認して読みます。手間いらずでどこにでも持っていけますね。例によって私は朝の通勤電車で読んでいます。また週刊ってところも気楽でいいです♪日刊の英字新聞なんてボリュームもあって読む気にもならないけど、週刊なら読んでみようと思えますもんね。それに新聞なので常に新しい記事が読めるところが飽きっぽい私には良いですね。また英語学習者用なので学習法やTOEIC対策問題なども載っています。

日課としてやっていることはこれくらいしかありません。足りないかな~(汗)でも毎日続けることが大事ですからね!そのためには楽しくないと!
ではまた~。

【2005/10/26 22:23 】 | 英語教材 | コメント(0) | トラックバック(1)
私が試した英語教材②
今日ご紹介する教材はマジックトーカーズです!なんか通販みたい(笑)
これも有名になりましたよね~。これまた高かったんですけど、どーしても欲しくって買ってしまいました(汗)私ってミーハー?!

この教材のいい所は場所と時間を選ばずいつでもどこでも勉強できる点です。小さくてポケットに入るので携帯してどこでも持ち歩いてました。細切れ学習にピッタリです!私は毎日通勤電車の中で聞いてました。音声スピードが通常、スロー、ファストと3段階に分かれているので、通常で聞き取れなかったらスローで、高速学習がしたければファストでと選ぶことができるのも良かったです。あとタッチパネル式で簡単に辞書検索できたり、画面表示が英語のみ、英語と日本語表示、日本語表示のみと選択でき、音声と意味が同時に確認できたりします。私は極力日本語表示を見ないようにしていました。

マジックトーカーズにはいくつかバージョンがあって、私は2番目に出たものを買いましたが今出てるのはもっとスゴイです。私のにはICレコーダー機能なんてついてなかったのに、今のにはついてます!自分の声が録音までできてしまいます。しかもSD機能付で音楽まで聴けるそうです。何だそれ~!私のにはついてなかった~。しかし、英語学習以外にも使えるなんてお得ですね。

うたい文句として“初級から上級の方まで”となってますが、私は上級の人にはちょっと物足りないんじゃないかな~と思いました。決まり文句がたくさん載っていて対話形式にはなっていますが上級の人にはおもしろくないかも。ビジネスとかTOEIC用の文章もたくさん載ってるのでそれがメインの人にはいいのかな?個人的には買ったときは良かったのですが、ある程度英語力がついてきた今はこういうので英語を学習するよりも、映画や海外ドラマを見ながら表現を学んでいく方がずっと楽しいんですよね。逆に初級の方や海外旅行に行くときに持っていきたいという人にはイイと思います。場面ごとにわかれていて、こういうときはこう使う!と簡潔でわかりやすいです。

次回は最近使っている教材と勉強法についてお話したいと思いま~す!



【2005/10/26 01:18 】 | 英語教材 | コメント(0) | トラックバック(0)
私が試した英語教材①
今日は私が今まで試した英語教材についてお話します。

私はもともと英語が好きな方でしたし、受験勉強でみっちり勉強したこともあって文法やある程度の単語力はありました。でも、どうにもこうにもリスニングが苦手。そりゃそうですよね。今までの学校教育では受けてきてませんし、自分でもリスニングに関しては何もやったことがありませんでしたから。

英会話はリスニングが大事ですよね。相手の言ってることがわからなければ会話が成り立ちませんから。それでオーストラリアに行く前にある程度の英語力、リスニング力をつけてから行かないと行ってからの時間がもったいない!と思い、何か良い方法を探していました。探してみると魅力的な教材がたっくさ~ん!そしてどうしても楽にできる教材に人間って惹かれてしまうんですね(笑)

当時流行っていたのが“マ○ックリスニング”です。そうです。12日間試すだけで英語耳になる!ってやつです。でもね~やっぱり悩みました。こんな簡単な教材をやって上達するわけがないと疑いましたし、値段が5万円くらいして高かったんです。そしてこの教材はあきらめたのですが、その後この教材に似たバイオリスニングという教材に出合いました。これも12日間で英語耳になるというものなのですが、マ○ックの方は12日間使ったら終わりというのに対して、バイオの方はそれ以後もずーっと使いつづけることができるんです。音楽を聴いてもいいし、映画を観てもいいし、もちろん英語学習用の教材を聞いてもいいし何でもいいんです。こちらも同じくらい高かったんですけど、かなり勇気を出して買っちゃいました~。

実際使ってみて、12日で劇的にリスニング力が高まった!という実感はなかったのですが、勉強に使うときはかなり集中力が高まりました。マイク付ヘッドフォンで自分の声が聞けて発音のチェックができるんですけど、それが私にはかなり良かったです。音読しててもヘッドフォンから自分の声がダイレクトに聞こえてくるのが何だか楽しいんです!リスニング力に関しては人によって個人差があるでしょうし絶対的なものではないと思うので何とも言えませんが、普通の生活で使えるのが良かったな~と思いました。音楽モードにして好きな音楽を聴くととてもリラックスできます。高い買い物だったけど、今にして思えば良かったかな(^-^)

次回は別の教材のリポートをお届けしま~す☆



【2005/10/24 22:03 】 | 英語教材 | コメント(2) | トラックバック(0)
TOEIC
9月に初めてTOEICを受けました。

しかし、私はTOEICに全く興味がありませんでした。
試験のための勉強なんて大嫌いだー!と思っていましたし、TOEICはテクニックだと聞いていましたからTOEICのスコアが必ずしもその人の英語力を示すものではないと思っていたからです。そして私の英語学習の目的は楽しく英語で話すこと、映画を字幕ナシで観て楽しむこと。だからTOEICなんて関係ないわって思ってたんです。

でも実際、就職や転職で重要視されるのはTOEICのスコア。私の夢は日本語教師になることですがすぐになれるわけではないので、そこに至るまでの間、派遣などで英語を使った仕事をしてみたいと思うようになりました。そこで、自分の実力を知るためにもTOEICを受けなくてはと思ったのです。

帰国してから3ヶ月も経ってしまったし、TOEICのための勉強もさほどしなかったので、ドキドキしながら結果を待ちました。そして結果は…。

800!!!

いや~嬉しかったです(^0^)初受験だったし700だってとれるかどうかと思っていたので本当に嬉しかった☆これで私の今の実力というのが客観的にもわかったし、私のこれまでの勉強法があながち間違ってなかったんだな~って自信がつきました。正直、TOEICを受けたくなかったのは、悪い点をとったらどうしようっていう思いもあったからなんですよね。凹むじゃないですか、やっぱり(笑)

良いスコアがとれたことでモチベーションもあがったので、これからもっと英語の勉強に励みたいと思います。もちろん楽しみながら♪

次回はこれまで試した勉強法などについて書きたいと思います。
See ya!!
【2005/10/23 21:10 】 | TOEIC | コメント(0) | トラックバック(0)
Welcome to mameko's blog!!
ようこそmamekoの英語学習ブログへ!

1年間のオーストラリア生活で英語で話す楽しさを体感してきました。

もっともっと上手に英語が話せればどんなに楽しいだろう♪

それが英語を勉強する私の原動力となっています。
1に楽しく2に楽しく勉強することが私のモットーです。
とは言っても勉強は孤独です。自分との戦いです。
英語学習日記をつけることで辛さを乗り越え、英語学習にかける情熱を保ちつづけていきたいと思ってます。

Let's study English having fun!!
【2005/10/23 19:09 】 | 英語全般 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。